糖尿病の治療を楽しんで行う

糖尿病の原因は主に、食べ過ぎ、飲み過ぎ、運動不足による生活習慣の乱れが大きいといわれています。

糖尿病を治療するにあたり、乱れた生活習慣を改善することが大きなポイントとなるでしょう。

実際に用いられる療法としても「食事療法」

「運動療法」

「薬物療法」

の3つがメインです。

ただ、これらは継続的に行わなければ効果がないことから、治療を断念してしまう方も多いそうです。

継続的に治療を続けるためには、楽しみながらまた、充実感を感じさせる取り組みが大事です。

治療を行う際に、それが過度のストレスを感じさせるようであれば、継続的に行うのが難しく感じるでしょう。

ストレスの感じ方は個々によって違いますから、病院の先生とも話し合い、自分にとって無理のない方法をとれるのであれば最良です。

「食事療法」

では、日頃どの程度体を動かしているかをエネルギー量として算出し、そのエネルギー量に適切な食事の量を定めます。

過食気味にある方は食事の量を減らさなければならなくなるかもしれません。

ただ、一日に消費しているエネルギー量によって食事の量も変わるのであれば、運動が苦にならない方は運動量を増やすことによって食事の量も変わるでしょう。

運動量と食事の量をバランスよく保つことで「食事療法」

と「運動療法」

は可能となります。

まずは実践し、負担を感じるようであれば別の方法を探すことも可能でしょう。

食事といっても炭水化物の取り過ぎが大きく原因することが多いですので、負担のない程度にご飯や麺類の調整を行うことも糖尿病治療の一歩です。

お肉やお魚が好きな方はちょっと味付けを薄くするといったことでも調整を図れるのではないでしょうか。

また、運動療法ではウォーキングなどから始めてみるのもいいかもしれません。

ただ歩くというよりは四季の景色を楽しんで風景を眺めながら歩くと飽きないかもしれません。

ジムに通うのが苦にならない方は有酸素運動でもあるスイミングなどを行うと良いでしょう。

泳ぐのは難しいという方でも水中ウォーキングは効果的です。

水中ウォーキングに慣れてきたら、腕を回しながら歩いたりすることで全身運動が可能となるでしょう。

薬物療法を医者に進められたなら、決められた時間に決められた量を飲むことが大切です。

こちらのリンクは糖尿病の治療について詳しいサイトととなっておりますので是非ご覧ください。

糖尿病でよる治療の方法をチェック

Comments are closed.